Blog&column
ブログ・コラム

ソーラーパネルの設置に必要な条件

query_builder 2021/07/22
コラム
20
太陽の光から電気を作り出し、電気代の節約に役立つ太陽光発電ですが、効率良く電気を作るためには適した場所、必要な条件というものがあります。

▼ソーラーパネルを設置するのに適した場所
太陽光発電は、どんな地域でも満足できる量の電気を作り出せるとは限りません。
ソーラーパネルを設置するのに適しているのは、日照時間が長い地域というのが大前提です。
ところが夏場に暑くなりすぎる場所では、日差しが強くなりすぎるため太陽光による発電効率が下がってしまいます。
そのため、夏に気温が上がり過ぎない地域が、ソーラーパネルを設置するのに適していると言えます。
また、家の周辺に高い建物があると、せっかくの日差しも遮られてしまうため、日差しを遮る建物が周囲に建っていないということも大切な条件になります。

▼太陽光発電に最適な屋根の角度とは
太陽光発電では、ソーラーパネルが太陽の光を直角に受ける角度がいちばん効率的に電気を作ることができるようになっています。
もちろん、太陽の角度は時間や季節によって変化します。
そのことを考慮して考えると、屋根の角度が30度前後であることが効率的に発電するのに適しています。
また、屋根の向きも大切な要素です。
太陽光が当たる時間が長いのは、南側、次いで東側なので、ソーラーパネルを設置するのに適した屋根の向きは南向きか東向きと言えます。

▼まとめ
太陽光発電において、ソーラーパネルの設置には発電に必要ないくつかの条件があります。
太陽光発電に適した気候の地域、屋根の形状や向きであることなどを考慮して設置を検討するようにしましょう。

NEW

  • query_builder 2021/05/13
  • 電気代が安くなる省エネ家電の使い方について

    query_builder 2021/12/01
  • 電気代を大幅に削減するには?

    query_builder 2021/11/15
  • 電気代を簡単に節約するには?

    query_builder 2021/11/01
  • LED工事で電気代はどう変わる?

    query_builder 2021/10/22

CATEGORY

ARCHIVE