Blog&column
ブログ・コラム

ソーラーパネルの寿命はどのくらい?

query_builder 2021/09/08
コラム
26
ソーラーパネルは使っているうちに劣化してきますが、どのくらいの寿命なのかが気になるところです。
今回は、ソーラーパネルの寿命について見ていきましょう。

▼一般的なソーラーパネルの寿命
ソーラーパネルの寿命には、一般的な年数があります。

■最も多いのは20年程度
一般的にソーラーパネルの寿命として、最も多いとされるのが20年程度です。
ただ、ソーラーパネルは世界中でさまざまなメーカーが作っていますので、中には30年は大丈夫と謳っているところもあります。
20年と30年ではかなりの開きがあるため、ソーラーパネルを選ぶ際は、寿命がどのくらいかを確認しておくことが大事ですね。

■寿命を決めるのはメンテナンス
家電製品や車、家具などにも当てはまることですが、こまめにメンテナンスをすれば、より長く愛用できます。
ソーラーパネルも同じで、定期的にメンテナンスを施すことによって、一般的に20年程度と言われる寿命をクリアできるでしょう。
しっかりとメンテナンスを行えば、20年以上もつ場合もあり、ソーラーパネルの寿命を決めるのはメンテナンスにあると言っても、過言ではありません。
一方でメンテナンスをまったくしなかった場合、メーカーがもつとしている寿命よりも短くなる可能性が大です。
一般的な20年よりも早く寿命がきてしまわないよう、ソーラーパネルには定期的なメンテナンスを施す必要があります。

▼まとめ
ソーラーパネルの寿命はおよそ20年程度ですが、メンテナンスをしっかり施せば、もっと寿命を伸ばすことも可能です。
一方、メンテナンスがおろそかだと、より早く寿命がきてしまうことでしょう。
弊社ではソーラーパネルの設置施行後は、定期的なメンテナンスでサポートいたします。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

NEW

  • query_builder 2021/05/13
  • 災害時の電力供給について

    query_builder 2022/05/01
  • 太陽光発電で活用できる余剰電力について

    query_builder 2022/04/01
  • 地球環境と省エネについて

    query_builder 2022/03/15

CATEGORY

ARCHIVE