Blog&column
ブログ・コラム

家庭向けの自家発電設備とは?

query_builder 2021/10/15
コラム
31
災害が頻発する今、家庭における自家発電が注目されています。
今回は、家庭向けの自家発電設備について見てみましょう。

▼家庭で可能な自家発電設備
自家発電の設備の中でも、特に家庭に適しているのが太陽光発電です。

■太陽光発電システム
屋根に取り付けたソーラーパネルで太陽光を集め、電気に変換する太陽光発電システムは、家庭での自家発電設備として最もポピュラーとなりました。
ソーラーパネルと、家庭内で使える電気に変換するためのパワーコンディショナーといった設備が必要で、初期費用にはおよそ200万円程度が相場です。
ただし、太陽光発電が可能な住宅であれば、太陽光発電システムを手掛ける会社が、ソーラーパネルの設置費用を負担する場合があります。
これなら、初期費用の負担なしで家庭に自家発電設備が整うため、非常に魅力的ですね。

■太陽光発電と蓄電池で万全
太陽光発電システムがあれば、災害で電気が止まっても、晴れた日なら電気を使うことが可能です。
ただ、天気が悪いと電力が足りなくなりますので、これに蓄電池をセットにしておくのがいいでしょう。
蓄電池があれば、余った太陽光発電の電力を溜めておけますので、天候の悪い時は蓄電池の電気が使えます。
太陽光発電システムを自家発電設備として導入した時は、蓄電池を備えておけば万全です。

▼まとめ
災害の規模が大きくなってきた昨今、家庭に自家発電設備があれば、電気の供給がストップした時でも安心できますね。
弊社では、蓄電池を含む太陽光発電システムの調査から設置まで、トータルでサポートしております。
太陽光発電システムをご検討の際は、どうぞお気軽に弊社にご相談ください。

NEW

  • query_builder 2021/05/13
  • 電気代が安くなる省エネ家電の使い方について

    query_builder 2021/12/01
  • 電気代を大幅に削減するには?

    query_builder 2021/11/15
  • 電気代を簡単に節約するには?

    query_builder 2021/11/01
  • LED工事で電気代はどう変わる?

    query_builder 2021/10/22

CATEGORY

ARCHIVE