Blog&column
ブログ・コラム

オール電化住宅の電気代について

query_builder 2022/01/01
コラム
37
今回はオール電化住宅の電気代について見ていきましょう。

▼オール電化住宅の光熱費は電気代のみ
一般的なご家庭では、生活における電気、ガス、灯油、などの必要エネルギーに対して「光熱費」を支払います。
それに比べ、オール電化住宅では、生活における必要エネルギーを、全て電気によってまかなうので、「電気代」はかかるものの、ガスや灯油などの光熱費は一切かかりません。

▼オール電化住宅の電気代について
オール電化住宅は電気代がお得というのをよく耳にしますが、実際どれくらいお得なのか、オール電化住宅の電気代の平均と一般家庭の光熱費の平均金額を見比べてみましょう。
・オール電化住宅の電気代の平均…15,979円/月(※電力会社8社の平均金額となっています。)
・一般家庭の「電気+ガス+灯油代」といった光熱費の平均…16,863円/月
見比べる限りでは、圧倒的にオール電化住宅の方が電気代(光熱費)を安く抑えられていることが分かります。

▼給湯について
オール電化への切り替え費用は、相場で約60万円前後と言われていて、決して安くはない金額ですが「給湯」においては、長期的に見るとかなりの節約になります。
■給湯
電気でお湯をつくることができるエコキュートは、電気代の安い夜間などにお湯をつくることで、エネルギーの消費効率が非常に高いシステムとなっています。
給湯をガスからエコキュートに切り替えた場合、給湯にかかる費用を5分の1に削減することができます。
また、都市ガスの基本料金が900円だとすれば、オール電化に切り替えると、ガスの基本料金が無くなるので、年間10,800円のコストダウンが見込めます。

▼まとめ
オール電化住宅は、電気代の安い夜間に給湯器や家電を動かすことで電気代を抑えることができますが、日中の電気代は割高になります。
その為、オール電化住宅は、太陽光発電システムと併用するのがオススメです。
太陽光発電は、太陽のでている日中に発電するので、電気代の高い時間帯もお得で快適に過ごすことができます。
弊社では、太陽光発電設備の「初期費用0円」のプランをご提供しております。
災害時の電力確保にも安心の設備となっておりますので、ご興味をお持ちでしたらお気軽にお相談ください。

NEW

  • query_builder 2021/05/13
  • 災害時で太陽光パネルが破損したら?

    query_builder 2022/10/02
  • 売電のメリットとは

    query_builder 2022/09/01
  • 災害への備え

    query_builder 2022/08/03
  • 電気代をシミュレーションしてみよう

    query_builder 2022/07/05

CATEGORY

ARCHIVE