Blog&column
ブログ・コラム

太陽光発電で活用できる余剰電力について

query_builder 2022/04/01
コラム
43
ソーラーパネルを設置しているご家庭で余剰電力をどうするか悩んだことがありますか?
この記事では余剰電力の活用についてご紹介します。

▼売る
余剰電力を電気会社に買い取ってもらうという方法は最も一般的な活用法だと言えます。
固定価格買取制度により、ソーラーパネルを設置してから10年間は一定の価格で買い取ってくれます。
10年を過ぎたら売れなくなるわけではないですが買取価格が下がるので、売電をする電力会社を選ぶことが大切です。

▼蓄電池を設置
家に蓄電池を取り付けることで作った電気を貯めることができます。
停電が発生しても貯めておいた電気を使えるので便利です。
設置するのにお金がかかりますが、電気料金を抑えることや災害対策などになるので選択肢に入れておくといいでしょう。

▼エコキュートを設置
エコキュートとは空気と電気を使ってお湯を沸かす給湯器のことです。
太陽光発電と併せて使うことで光熱費を抑えることができます。

▼ZEHにリフォーム
ZEHとは家の断熱性や省エネ性を向上させ、太陽光発電などでエネルギーを補うことで年間の一次消費エネルギーをほぼ0にする住宅のことです。
災害対策だけでなく生活の質の向上も期待できます。

▼まとめ
この記事では余った電気の活用法をご紹介しました。
リフォームや機械の設置などがありますが、お金がかかるので売電になることが多いでしょう。

多田電気は水戸市を中心に太陽光パネルの設置をお手伝いしています。
災害対策にもなり光熱費の削減にもなるソーラーパネルはいかがでしょうか?
お客様の目線に立ち、誠実な対応で設置・導入をサポートいたしますのでパネルの導入を検討している方はお気軽にご連絡ください。

NEW

  • query_builder 2021/05/13
  • 災害時の電力供給について

    query_builder 2022/05/01
  • 太陽光発電で活用できる余剰電力について

    query_builder 2022/04/01

CATEGORY

ARCHIVE